進行した歯周病は治療できる?

進行した歯周病は治療できる?

進行した歯周病は治療できる?

グラグラになってしまった歯

 

ある程度の年齢になってくると欠かせないのが歯周病の対策。ここでは一度進行した歯周病はどうにかできないのか見ていきます。

 

三つの施術内容

 

さて、進行した歯周病には外科的治療を行うのが一般的です。

 

 

その中でも最もよく行われるのは病的な歯肉を切除するフラップ手術というものです。

 

これは進行した歯周病の部位の歯肉を剥がして歯根を露出させ、歯根の表面についている歯石や細菌を取り除いた後、歯肉と歯槽骨を整形するというものです。

 

こう聞くと痛々しいイメージを持たれるかもしれませんが、痛みはほとんどありませんのでご安心を(笑)

 

 

それ以外には新しい技術として歯周組織を再生させるGTR法というものもあります。

 

これは歯周病で失われた歯槽骨はコラーゲンなどの特殊な膜を使って再生されることに着目し、以前であれば抜歯するしかなかったケースでも歯を残すことができるようになった方法です。

 

 

また、現在では歯槽骨を作る(!)ためにエムドゲインという薬剤を塗る方法もあります。それ以外にも歯周病が進行して膿が出来ているようなときは抗生物質を歯周ポケットの億にいれる薬物治療も広く行われています。

 

歯茎に腫れや痛みがある場合、うがい薬や消毒剤で歯周ポケット内を直接洗い出すポケット内洗浄法も有効といわれています。

 

 

そして最後に、現代では歯周病に対するレーザー治療も一般的になりつつあります。

 

特に炭酸ガスレーザーは歯周ポケットの細菌を減らし炎症を起こしている組織を焼きとるのに効果的です。

 

また、この方法はレーザーによって弱っていた歯肉の血行を改善する効果も期待できる副次的効果があるため歯周病の再発率が低いと言われています。

 

 

こうして挙げてみると一口に歯周病治療といっても歯医者さんでできるものの種類は多岐に渡るんですね。

 

自分にとってどれがベストかをしっかり考えて、分からないことがあったら遠慮せずにガンガン歯医者さんに質問したいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

口のネバネバを解消するために私がやったこと|TOP

関連ページ

歯周病の症状
今や国民の9割がなっているといわれており、生活習慣病にも指定されている歯周病。そんな歯周病ですが、その症状については実は思いのほか知られていません。このページではそんな身近でありながらあまり知られていない歯周病について、具体的症状を交えながら解説していきます。
歯周病を予防するPTMCとは
歯周病を予防するにはどうすればいいかという問題は国民の9割以上が歯周病を患っている日本では非常に大きな関心ごとです。ここではそんな歯周病対策として白羽の矢が立っているPTMCについて解説します。 毎日しっか歯磨きするのが大事なのは分かってるけど、もっと具体的に深く知りたい、という声を頂いたのでここでは歯周病の予防について 更に踏み込んだ予防法をご紹介します。
歯周病は薬で治せないのか
虫歯よりも厄介な歯周病。一度なってしまうと日常生活に支障が出るだけでなく、審美性も損なわれ人前で口を開けるのも何となく憚られてしまいますよね。さて、そんな歯周病ですが、治療は患者が思っているほど甘くはなく、長い時間と体への負担がかかります。これが薬で治ったらなぁ・・・というのは誰しもが一度は考えたことがあると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

TOPに戻る 歯周病の話 虫歯の話 サイトMAP