歯周病の症状

歯周病の症状

歯周病の症状

歯周病

歯周病になるとどうなるのか?

 

これは多くの人にとっての疑問&恐怖だと思います。

 

そこで、ここでは歯周病の進行状況について分かりやすく書いてみました。

 

歯周病の進行ステップ

 

  1. 歯を磨くと血が出る
  2. 時々歯肉が腫れる
  3. 口臭が出る
  4. 歯が長くなったように見える
  5. 歯と歯に隙間が出来て食べ物が入りやすくなる
  6. 歯が動くようになり、噛みにくくなる
  7. 歯がグラグラになってやがて抜け落ちる

 

見て分かるように、症状が進むにつれて大切な歯を失う可能性もどんどん高まっていくので注意が必要です。

 

これらを歯周病の重症度に分けて説明すると次のようになります。

 

歯肉炎

 

歯と歯茎の隙間にプラークが溜まり歯肉に炎症が起こって赤く腫れて歯周ポケットになります。プラークはやがて石灰化して歯石になり炎症は悪化します。ここではまだ骨の吸収はありません。

 

経度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、細菌が増えてきて炎症は進みます。歯のまわりの歯槽骨が吸収され、歯を支えている回りの組織がジワジワと破壊されていきます。

 

中等度歯周炎

さらに炎症が悪化して歯槽骨は破壊され、歯がグラついてきます。

 

重度歯肉炎

歯の根の半分近くまで歯槽骨が破壊されて歯が完全にグラグラしている状態です。すでに手遅れてまもなく歯を抜け落ちてしまいます。

 

 

 

歯周病がどの程度進行しているかを測る目安は歯周ポケットの深さです。

 

歯周ポケットの深さは健康な歯茎では1〜2_ですが、中程度の歯周炎があると3〜5_になり、酷くなると6_以上になることもあります。歯周ポケットの中に溜まったプラークでは細菌は繁殖しやすく、硬いのでブラッシングでは取り除けない歯石ができて歯茎の炎症はどんどん進行します。

 

その結果、歯を支える歯槽骨を溶かしてしまうのです。

 

歯周病は冠動脈疾患の発症率を上げるとも言われており、心臓病や糖尿病といった全身疾患に影響を与えると考えられています。

 

 

歯周病の治療はこのこの歯周ポケットの中にある歯石や歯垢などの汚れを取り除き、歯茎を引き締めることが一番大事といわれています。

 

そのためにはやはり日々の歯磨きが最も有効な解決策となりますが、どうにも歯肉の炎症が酷いときは迷わず歯科医・または内科で受診してもらうことも大事です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

口のネバネバを解消するために私がやったこと|TOP

関連ページ

歯周病を予防するPTMCとは
歯周病を予防するにはどうすればいいかという問題は国民の9割以上が歯周病を患っている日本では非常に大きな関心ごとです。ここではそんな歯周病対策として白羽の矢が立っているPTMCについて解説します。 毎日しっか歯磨きするのが大事なのは分かってるけど、もっと具体的に深く知りたい、という声を頂いたのでここでは歯周病の予防について 更に踏み込んだ予防法をご紹介します。
進行した歯周病は治療できる?
最終的に歯が抜けおちてしまう歯周病。これは一度なったことのある人でないと分からない恐怖があります。気付いた時には既に手遅れてになっていることが多い歯周病ですが、これを何とかすることはできないのでしょうか?ここでは進行中の歯周病を止める手立てはあるのか?あるのであればそれはどんなものなのかについて説明します。
歯周病は薬で治せないのか
虫歯よりも厄介な歯周病。一度なってしまうと日常生活に支障が出るだけでなく、審美性も損なわれ人前で口を開けるのも何となく憚られてしまいますよね。さて、そんな歯周病ですが、治療は患者が思っているほど甘くはなく、長い時間と体への負担がかかります。これが薬で治ったらなぁ・・・というのは誰しもが一度は考えたことがあると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

TOPに戻る 歯周病の話 虫歯の話 サイトMAP