1. ホーム
  2. 虫歯の話
  3. ≫歯医者の治療が遅い理由とは?

歯医者の治療が遅い理由とは?

どうして歯医者の治療ってこんなに遅いの!?

これは歯医者に一度でもかかったことのある人ならほぼ感じている疑問だと思います。

「治療が遅い歯医者さんってもしかして腕が悪いんじゃ・・・?」

ついついそんなことを考えてしまいますね。しかし、虫歯を一度に全部治療できないのはれっきとした理由があります。

それが「対処療法」「根本療法」の違いです。

例えば、かぶせ物や詰め物が外れたシーンを考えてみます。

私たち素人は単純に「治療済みの歯なんだからかぶせ物を戻して接着するだけでいいのでは?」と思いがちです。

でも、かぶせ物が取れてしまうというのは虫歯の再発・噛み合わせの悪さ・かぶせ物の不適合の問題などなど・・・それなりに原因があります。

こうした原因を究明しないまま、単純に新たにかぶせたり詰めたりするのは治療というより対処療法にすぎません。

根っこにある原因を取り除かないで応急処置をしただけではその場凌ぎでしかありません。

次第に歯の状態は日に日に悪化し、やがて抜歯しなければならなくなるでしょう。

根本治療について

歯の根本治療も時間がかかります。

例えば神経を抜いた後で歯の根の治療(根治)をきちんとやらないと、いくら高価な詰め物やかぶせ物をしても十分な効果は得られません。

これは住宅を建てる時は土台の基礎工事をきちんとしないといけないのと同じ理屈ですね。

歯周病で歯茎が腫れたときも抗生物質に頼れば炎症も一時的には収まりますが、歯周病の原因を取り除かない限り、炎症はいつまで経っても続きます。

歯茎の腫れの原因の多くは歯垢(プラーク)や歯石の中にある目に見えない細菌です。

これらを取り除かないことには歯周組織は徐々に壊され、やがて歯だって抜け落ちてしまいます。

目に見えるその場の問題が無くなればそれでOKなのか? それとも歯の良い状態を長く維持したいのか?

つまり、「治る」という治療におけるゴールのイメージを患者さんがどこに置くかで治療にかかる時間も変わってくるというわけです。

「仕事で忙しいから、虫歯の治療はとにかく早く終わらせてほしい。状態とか気にしないからさ!!!」

 

歯医者には時々こんな人↑も来るそうです。

しかし、虫歯の原因が取り除かれない限り、遅かれ早かれまた同じように虫歯になります。

そして根本原因をどうにかしなければ最終的には歯を抜かなければならなくなります。

そうならないために、治療が遅くても辛抱強く最後まで続けることが大切なんですね。

痛みがなくなるとついつい自己判断でも「もう大丈夫だろう」 と治療をサボってしまいがちです。

もうすぐ治療が終わるというのに歯医者へ行かなくなってしまい、しばらくしてまた悪くなって受診をする人は少なくありません。

しかし、歯は治療を途中でやめるとそれまでの治療が無駄になるばかりか、状態が以前よりも悪くなってしまうこともあります。

もし、自分の歯を長持ちさせたいのなら、じっくり腰を据えて歯と向き合うことが欠かせない、というわけですね。

シェアをお願いします。