1. ホーム
  2. 私がやったネバネバ解消法
  3. ≫口のネバネバ解消法1、小まめな水分補給

口のネバネバ解消法1、小まめな水分補給

口のネバネバの正体は口内で増えた雑菌です。

であるならば、定期的にそれを洗い流せば口のネバネバは(一時的ではあるものの)解消することができます。小学生並の理屈ではありますが(笑) これが案外馬鹿にできないんですよね。

理想はうがいですが、日中に何度も洗面台に立てる人なんて滅多にいませんよね。

そこで私が試してほしいのが小まめな水分補給です。

水道水でも2リットル100円以下のミネラルウォーターでも何でもいいので、口のネバネバを感じたらすぐに水を一口飲む。

たったこれだけでネバネバの不快感から一時的ではあるものの解放されます。

これはネバネバだけでなく虫歯菌や磨きそびれた食べカスも一緒に洗い流されるので一石二鳥です。

当サイトを見ている人は大半が実践済みだと思いますが、知らないかった人は今日からすぐ試してみて下さい。

ただし、あまりにも目立ちすぎると周囲から「もしかして糖尿病ですか?」と心配されるので、そこはきちんと否定しましょう(実体験)

小まめな水分補給に適さない飲み物

さて、いくら水分補給が大事だからといってジュースやコーヒー、お茶などで水分補給をするのは考え物です。

それぞれ下記に挙げるようなデメリットが多いのでなるべく避けたいですね。

ジュース

コカ・コーラ

ちょっとずつ、とはいっても日中に何度もジュースを飲めばトータルで摂取する糖分の量は馬鹿にできません。

ジュースを常に飲んでいる人は口内にいつも糖分がある状態に陥るので、ミュータンス菌(虫歯菌)が常に活発な状態となります。

いくら口のネバネバを和らげるためとはいっても、それで結果的に虫歯や歯周病が進行してしまっては本末転倒です。

実際に私の知人でも内勤に異動してきて以降、勤務中にしょっちゅうジュースを飲んでいたせいで健康診断の結果が悲惨なことになっている人がいました。

コーヒー、紅茶

コーヒー

1日に何杯もコーヒーを飲む人はカフェイン中毒になりやすいのはご存じの通り。

それ以外にもコーヒーの常飲は歯が黄色くなったり、口臭を強めてしまう恐れもあるので、オーラルケアを頑張る人は取扱いには注意が必要です。

眠気覚ましという意味では確かにコーヒーの右に出るものはありませんが、口のネバネバ対策という意味では完全な悪手です。

コーヒーはあくまで嗜好品ということを忘れずに。

お茶

濃い茶

ジュースのような糖分もコーヒーのようなカフェインも無いお茶は一見すると水分補給には最適のように見えますが、これにも落とし穴はあります。

具体的には尿路結石のリスク増加や吐き気・貧血の増加、そして何よりトイレが近くなる事などが挙げられます。

お茶はジュースやコーヒーなどと比べると健康効果も大きく推奨されてはいるのですが、だからといって飲みすぎは禁物というわけですね。

口のネバネバを取り除くために飲むものとしては若干不適切と言わざるを得ません。

 

私が推奨する小まめな水分補給はあくまで口内から雑菌を消して口のネバネバを解消するためのものです。

喉が渇いたから水分を摂る・口が暇だから飲み物に手を出す、というのとは性質が違います。

そのことを念頭に置いて、普段水分補給が疎かになりがちな人はやってみて下さい。

ネバネバの原因を根っこから取り除くなら、やっぱり歯磨き

小まめな水分補給は確かに口のネバネバを取り除いてくれます。しかしそれはその場凌ぎの対処療法でしかありません。

同時進行で根本治療も当然やるべきですよね。

一番の根本原因に働きかけるのはやっぱり”歯磨き”ですので、本気で口のネバネバをどうにかしたいという人はこちらのエントリー↓も読んでみてください。

シェアをお願いします。