1. ホーム
  2. 入れ歯の話
  3. ≫部分入れ歯はどれくらい小さくできる?

部分入れ歯はどれくらい小さくできる?

長い人生、出来ることなら自然な歯で一生を終えたいものですが、口内状況は人それぞれなので全員が全員そういくわけではありません。

そこで登場するのが部分入れ歯なわけですが、この部分入れ歯も出来ることならなるべく小さくしたいもの。

そこで上がる疑問が入れ歯はどのくらい小さくできるか?ということです。ここではそんな疑問について解説していきます。

部分入れ歯が大きい理由

部分入れ歯を作ることになった方の要望で多いのは「なるべく小さい入れ歯を作ってください」というものです。

しかし、歯医者では将来的にも安定して使えるようになるべく大きな部分入れ歯を作ろうとします。

この理由は、人間がモノを噛むとき、口には体重と同じくらいの強い力がかかるためです。

健康な歯であればその力を歯自身で支えることができますが、入れ歯になると歯のかわりに歯茎の粘膜でその力を支えなければなりません。

その時に入れ歯が小さいと噛む力を受け止めきれないため、大きな入れ歯が推奨されているというわけです。

※小さな入れ歯は噛んだ時の力が一点に集中しやすいので噛む時に痛みが伴いやすいというデメリットもあります。

部分入れ歯が小さかったら・・・こうなる

そうはいっても「入れ歯は小さくしたい!」という人も中にはいると思います。(実際に管理人の知り合いの方もそういってなるべく小さい入れ歯をいれていました)

しかし、小さい入れ歯は一点に力が集中し続けるので必然的にアゴの骨にも負担がかかり、骨がどんどん痩せ細っていきます。

すると恐ろしいことにその横の歯もグラグラになりやがて抜け落ちてしまいます。そして最後には総入れ歯になった時に土手が全くない、不安定な真っ平らな状態になってしまいます。

偶にアゴの骨がきゅしゅうされてしまう理由を年齢のせいだと思ったり、骨粗鬆症のせいだと思いがちな人がいますが、実際は入れ歯が合わないことであったり歯周病で骨がなくなったことであるケースがほとんどだそうです。

入れ歯は正しいサイズが一番

きちんと設計された入れ歯は見た目に反して、使ってみると大きさを全く感じさせないものです。

なので、もし大きな入れ歯が気持ち悪く感じるというのであれば、それは噛み合わせが悪かったり、床の厚みが合ってないことが原因として考えられます。

入れ歯に違和感があるときは歯科医院で装着状態をチェックしてもらい少しづつ調整していくことが必要です。ほんの少し削ったり調整したりするだけで案外気にならなくなるものです。

入れ歯は使う立場からすれば小さいに越したことはありません。しかし小さい入れ歯というのはそれだけで大きなリスクを抱えていることを忘れてはいけません。


部分入れ歯を小さくできない(大きくしなければならない)のにはちゃんとした理由があったんですね。

シェアをお願いします。