1. ホーム
  2. お口の健康
  3. ≫なた豆と口臭の話

なた豆と口臭の話

まずはこちらの動画↓をご覧ください。

ご覧のように、なた豆とは私たちが普段食べる豆とは異なる巨大な豆です。

背丈は5メートル近くになり、その豆も3~5センチと非常に大きなサイズまで成長します。

かの有名なジャックと豆の木の大きな豆は「なた豆をモデルにした」とも言われているくらいです。

実はこのなた豆には他の食品にはない、独自の成分があります。これが今非常に注目を集めていて、様々な分野で使用されだしています。

ここではそんな、なた豆について口臭との関係を説明します。

なた豆の独自成分、カナバニンとは?

なた豆にはカナバニンと呼ばれる独自の成分があります。 ※これはなた豆にしか含まれません。

カナバニンは排膿・抗炎症効果があるとされ、歯周病などで炎症を起こしている部分や膿んでいる部分に作用すると考えられています。

実際に歯医者さんでもなた豆エキスを薬品の代わりに使用するというケースもあり、その高い抗炎症作用が期待されてる食品です。

口臭のあの独特の臭いは歯周病が原因とされ、これらに対し、なた豆はその効果を発揮するというわけです。

なた豆は天然の力で口臭を消す!

なた豆はよくあるブレスケアなどとは違い、口臭の発生原因を根本的に解決し、口臭を改善、予防すると考えられています。

また、なた豆歯磨きを使うと口の中がサラサラするのですが、そうなる理由は悪臭発生菌を駆逐する善玉菌が増えるためと考えられています。

さまざまな効果により口臭の根本原因を解決すると言われているなた豆を使用したものがなた豆歯磨き粉です。

近年ではその口臭予防効果から、鹿児島での生産も盛んになってきており、そのシェアをどんどん拡大させています。

管理人の一言コメント

実は私の少し遠い親戚は鹿児島でなた豆農家をやっています。

それで去年のお盆に会った時になた豆の現物を見せてもらったのですが、その大きさに最初は作りものか何かかと見間違えてしまいました。

なた豆(※新聞と比較するとビックリするこのサイズ!半端ないです!)

「せっかくだからあげるよ」ということで貰ったのですが、調理して食べるのはやっぱりキツかったですね(汗)

見た目は豆でも通常のものとは比較にならないほど大きいので火が中々通らず、ガブリといってみても味は「うーん・・・・・・」という感じでした。

それだけにそんな使い道の無さそうな大きな豆が口臭予防に効く!と聞いた時は感心したもんです

シェアをお願いします。