1. ホーム
  2. お口の健康
  3. ≫朝の口のネバネバは怖くない

朝の口のネバネバは怖くない

朝起きた際に口がネバネバする場合、その原因は就寝中の口呼吸にあることはトップページで書きました。

こう書くと、「じゃあマウスピースを今晩から始めよう!」「朝はマウスウォッシュをガンガンやろう!」と思われるかもしれません。

確かにこれらは就寝中の口呼吸が原因の口のネバネバを防ぐのに一定の効果はあります。

でも注意してほしい点があります。

それが、”ネバネバを気にしすぎて対策をやりすぎるのもNG”ということです。

朝の口のネバネバは「気にしすぎ」「対策しすぎ」はNG

口はネバネバしないのが一番です。 1日の始まりに口がネバネバしてたら嫌ですもんね。

ところが、ネバネバをどうにかしたい気持ちが強すぎるがあまりに、ネバネバ対策を必要以上にやりすぎて口腔内にダメージを与えてしまう人が少なくありません

今の時代、オーラルケアといえば何でもプラスのイメージで見られがちなので、それも口内ケアをやりすぎる人の増加に拍車をかけています。

でも、何事もやりすぎは禁物です。

例えばの話。

潔癖症の人の手は1日に何回も洗っているので肌荒れしていることがほとんどです。 また、容姿に悩む中高生が洗顔をしすぎて乾燥肌になってしまった、という話も枚挙に暇がありません。

これらと同じように、オーラルケアもやりすぎればかえってそれが口腔内に悪影響を与えてしまいます。

具体的には・・・

  • 舌ブラシを使いすぎて舌苔にある常在菌まで剥がし落としてしまう
  • マウスウォッシュの使い過ぎによる内臓機能・免疫力の低下
  • 歯磨きのやりすぎによる口内における微小傷の増加

これは私が歯医者で実際に言われたことですが、口のネバネバがそれほどでもないのなら対策は専用歯磨き粉だけでも十分だそうです。

Check!

※私がおススメしている専用歯磨き粉についてはこちらのページ↓で紹介しているので参考にしてみてください。

ネバネバは気にしないことが一番の対策

むしろ、口のネバネバが朝しかないような人であれば一番の対策は「気にしないこと」 だとすら言われました。

まぁそれは難しいかもしれませんが(笑)、朝の口のネバネバは子どもから大人まで誰だって多かれ少なかれあるものです。

夜間は唾液の分泌量が減っている以上、たとえ口呼吸を完璧に防いだとしても起床時のネバネバはあるのが普通なわけです。


必要以上に朝のネバネバに悩んで対策に躍起になるのはご法度、というのはまさにその通りですね。

シェアをお願いします。