1. ホーム
  2. お口の健康
  3. ≫マウスウォッシュに潜む危険

マウスウォッシュに潜む危険

歯磨きの後、マウスウォッシュで口の中をすすいで口臭対策をしたり、歯周病予防をしている人は多いと思います。

口の中がすっきりするので、使わないと何となく気持ちが悪い・・・とか。

朝起きたら一番にマウスウォッシュを使って口の粘つきを取るのが習慣化している人も中にはいると思います。

また、寝る前に使うと翌朝口の中のニオイが気にならないという声も多いです。

営業マンなど人と接する機会が多い人は、口臭が気になるので、普段からマウスウォッシュをカバンに入れて持ち歩いていたりするほど。

特に歯磨きができない時などは特に重宝します。最近は口をゆすがなくても良いスプレー式のものまであって、どんどん便利になっていますよね。

でも、実はマウスウォッシュの成分には危険がいっぱいあることをご存じでしたか?

ここではそんな知ってそうで意外と知らないマウスウォッシュの危険性・リスクについて説明します。

マウスウォッシュの成分には危険がいっぱい

マウスウォッシュを使う際に注意したいのが、そこに含まれているラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)です。

これは全ての商品に含まれているわけではありませんが、とても刺激の強い成分で界面活性剤の1つに分類されます。

ラウリル硫酸ナトリウムは歯磨き粉やシャンプーや石鹸などにも使われていて、洗浄力が高いのが特徴です。

安いタイプのマウスウォッシュはほとんどがこの成分の強力な洗浄力を唯一のセールスポイントにして販売されているほどです。

危険性が高い事から使われる頻度は減ってきていて、現在は分子が大きいラウレス硫酸ナトリウムが代わりに使用されるようになってきています。

こちらは安全性は高いとはいえ、アレルギーを持っている人は肌荒れしてしまう可能性もあり、専門家の間ではその成分に疑問符が付けられています。

当たり前ですが、マウスウォッシュやシャンプー、ボディソープ、歯磨き粉は完全天然成分でもない限り、人工的に作られた化合物です。

ですから、いくら洗い流してしも頭皮や肌、口内に多少は残ってしまうので、それが体内に取り込まれて人体への悪影響やアレルギー反応を起こす可能性は大いにあります。

特にマウスウォッシュは人体の中でも吸収率が非常に高い口内粘液に直接触れるものですから、シャンプーやボディソープなどよりも遥かに高い影響を与えてしまいます。

また、歯磨きした際に、歯茎などを傷つけていたりすると、その部分からマウスウォッシュの成分が浸透してしまい化学物質を体の中に取り入れてしまいます。

発がん性の指摘も

ちなみに、マウスウォッシュには発がん性の危険を指摘する成分が配合されている事もあります。

極力少ない量で配合されていたとしても、毎日使うものなので毎日使っている事で少しずつ体内に蓄積されてしまいます。

その量が増えれば病気を発症させてしまう恐れもあるのです。

マウスウォッシュが抱える具体的なリスク

マウスウォッシュを使用することでどのような危険があるのか説明します。

1.歯が解けてしまうリスク

まず1つ目は、歯の溶解リスクです。

マウスウォッシュは酸性度が高い製品なので、使う事で多かれ少なかれ歯の大事なエナメル質が溶かされてしまうリスクがあります。

エナメル質が溶けてしまうと冷たいものを食べると歯がしみる知覚過敏や、歯の象牙質が透けて歯が黄色く見えてしまうような問題に悩まされることになります。

使いすぎると歯茎を傷めるという危険もあります。

2.口内環境の不安定化

2つ目のリスクは、口内環境のバランスが崩れてしまうというリスクです。人間の口の中には色々な菌がいます。

虫歯菌(ミュータンス菌)をやっつけてくれるのは大変結構なのですが、口内に存在する菌はすべてが悪い菌というわけではありません。

腸内にある善玉菌と同じように、中には残しておきたい良い菌もあります。

ところがマウスウォッシュを毎日のように使っているとその良い菌まで殺してしまう可能性があります。

すると、口内の細菌のバランスが崩れてしまい、かえって虫歯になりやすいくなってしまうことすらありえます。

よく「口臭が酷いからマウスウォッシュをガンガン使っている」、という人がいます。でも、そういう人はマウスウォッシュの使い過ぎが口臭を誘発させている可能性があるので、一度使用を控えてみて下さい。

3.歯磨きがおろそかになるリスク

3つ目は「マウスウォッシュをやってるから歯磨きはいいか~」と、歯磨きが疎かになってしまうリスクです。

  • 「歯磨きをするのが面倒だからマウスウォッシュで良いや」
  • 「時間が無いからマウスウォッシュで済ませておこう」

大前提としてマウスウォッシュでは歯の汚れは完全に落とせません。

スキマに入り込んだ汚れはブラッシングでなければ取れないので、歯磨き無し+マウスウォッシュのみ、という状態が長引くと虫歯を始めとした口内トラブルのリスクが激増します。

マウスウォッシュはあくまでも「補助」として使用するための製品です。

虫歯をしっかり予防するためにマウスウォッシュを使うというのであれば、歯間ブラシなどを使用したほうが効果的です。マウスウォッシュでは虫歯予防にはなりません。

4.口臭の原因になってしまう

4つ目のリスクは口臭予防のつもりが口臭発生のもととなってしまうというリスクです。

マウスウォッシュを使うと唾液の量が減りやすくなります。唾液は口臭予防になる役割も果たしているので、唾液が極端に減ってしまうと口臭が気になってきます。

唾液の分泌量を減らさない程度に使用するのが望ましです。

マウスウォッシュの殺菌効果に潜むリスク

マウスウォッシュを使うと口の中にある雑菌をやっつけることができます。しかし、その殺菌効果は全て人間にとって都合良く働くものではありません。

それが先程説明した口内に存在する常在菌です。常在菌は口の中から体内に病原菌が入り込むのを防ぐ役割があります。

ところがマウスウォッシュを使うとこれを雑菌と一緒に殺してしまう可能性があります。

これにより口の中から菌が入りたい放題になって、風邪や病気、各種疾患といった様々なリスクが増加する恐れがあります。

「マウスウォッシュでお口の中を殺菌!」と聞くと私たち現代人は良いイメージばかりを連想しがちです。

でも、マウスウォッシュは天然成分ではなく、化学薬品なので使い過ぎるとデメリットが見過ごせないレベルで強く出て体の健康を損なうことだってあり得ます。

口の中がスッキリするのはとても助かりますが、それ相応のリスクがあることも含めてきちんと考えたいものですね。

これの良い例として、youtubeで『【危険】マウスウォッシュ100回やったら口の中はどうなるの?』という企画動画を見つけたので貼っておきます。

結論はそりゃそうなりますよね・・・という感じです。

マウスウォッシュは頻度を考えて使用する

実は歯医者さんがマウスウォッシュを推奨されることは滅多にありません。

それはほぼ全ての歯医者さんがマウスウォッシュの発がん性・危険性についてしっかり理解してるからです。

どんなものであれ、口中環境の改善における基礎基本は歯磨きで、丁寧なブラッシングが健康な口内環境を保つために1番大切な事です。

歯磨きが面倒だからマウスウォッシュで代用して……とはいかないわけですね。

誰でも簡単に使えるマウスウォッシュですが、基本は歯磨きであることを忘れないで使用するようにしましょう。

そしてマウスウォッシュを購入する場合は、なるべく天然成分で作られているような刺激の少ないタイプを探して購入しましょう。

シェアをお願いします。