1. ホーム
  2. お口の健康
  3. ≫歯並びや噛み合わせは見た目にとても影響を与える

歯並びや噛み合わせは見た目にとても影響を与える

噛み合わせ

『人は見た目が9割』という本がありますが、仕事をする上で顔の印象は重要ですよね。

噛み合わせは口元をつくり、顔を作ります。歯並びがきれいで噛み合わせも正しい人は顔も左右対称になります。しかし、歯並びが悪かったり噛み合わせがアンバランスだと、顔も歪んでしまいます。

すると、体にも歪みが出てしまいます。左右非対称は不健康の隠れたサインです。

その人全体のイメージも、噛み合わせひとつで変わってくるのです。それまで、自分の歯に無頓着だった人が、歯を治し、口腔の状態がよくなると、外見の大切さに気づくことがあります。

ここではそんな意外と見落とされがちな歯と見た目の関係性について書きました。

笑顔や見た目を左右する歯の格差

海外の女優さんやミスュニバース候補者のみなさんの笑顔ほとても美しく、歯並びも完璧です。顔が左右対称で歪みがなく、噛み合わせも合っているからなのです。

もし、奥歯がなかったり片側だけが低かったりして噛み合わせが悪くなると、顔にも歪みが出ます。

なぜなら歯の噛み合わせは、骨格の一部だからです。顔の正中線がちょっとずれたり歯茎の位置が左右ちょっと斜めになっていても、きれいな笑顔にはなりません。

営業や接客などで人と接する職業の人は、笑顔がとても重要です。きれいな歯は清潔感を演出するためにも欠かせません。顔の一部である歯によって仕事の成果に差が出る場合もあるのかもしれません

歯を治すだけで同じ人でも見違えるように美しくなることは実際に歯を治した多くの人が実感していることだと思います。

歯はその位置や高さがほんの1~2ミリメートル変わるだけで、顔のバランスまで変わってくるといわれています。つまり、若々しい顔も老け顔も、歯次第というわけです。なぜなら噛み合わせは骨格の一部だからです。

実力のある歯医者にお世話になる

ミスコンに出るような容姿が重要な人は歯を治すことは絶対条件ですね。

ただし、顔のバランスを考えて噛み合わせを治すことが肝心です。それをきちんとできる歯科医にかかることが大切です。

歯科医といっても、矯正や顎顔面外科の経験がない歯科医もいます。自分の歯と健康をトータルにみてくれ、人生のライフステージに合わせて適切な治療や指導をしてくれる歯科医を見つけることが大切です。

しかし、日本では歯学教育や行政も合めて、生涯にわたってみてくれるかかりつけ歯科医の育成を重要視してきませんでした。

歯科医の質とその国民の歯の状態というのは、リンクしているといっていいでしょう。そして、そのことは日本の歯科医療をどうするかといった、医療行政のグランドデザインの問題でもあります。

患者さんの生涯にわたって、削って治すだけでない、患者さんの歯を守る歯科医を育成するために、歯科教育も歯科行政、保険医療制度も変わってほしいと私は願っています。

奥歯がないと出っ歯になる

見た目が重要な職業として政治家が挙げられます。人前に出て自分をアピールする必要があり、そして、知性や清潔感を出すには歯は大事な武器になります。

歯並びの自くきれいな人は、笑顔も爽やかに見えますし、清潔感がありますが、ところが歯並びは悪いとその印象は逆に働きます。

歯並びが悪いために損をしている政治家の中に、大臣経験もある有名な某女性がいます。

歯並びが悪く出っ歯だった某女性政治家

彼女は前歯が突きでて出っ歯の状態でした。歯学では、歯や歯並び、顎の形と顔の関係が研究されています。歯並びと顔立ち、顎の形態からみれば、彼女は奥歯がないために前歯が突出し、出っ歯になったと考えられます。

歯は顎の上にきれいに並んでいますが、奥歯がないと顎の位置がずれてしまいます。

噛んだときに上下の奥歯が噛み合うのが正しいのですが、奥歯がないと本来の位置で顎が止まらず、前にすべるように動き、下の前歯が上の前歯を押し出してしまいます。

この力が常に働くと、上の前歯が押されて動き、出っ歯になってしまうのです。

大人になってから出っ歯になってしまった方の多くは、虫歯や歯周病で奥歯がなくなったか、奥歯が入れ歯になっている可能性があります。

部分入れ歯は骨に支えられるものではなく、歯茎で人工物の歯を支えています。強くものを噛むとどうしても入れ歯が歯茎に食い込んでしまいます。そのぶん力が前歯にかかり、歯を前に押し出してしまうことも起こるのです。

歯並びはかかる力によって変化しますから、本来はまっすぐであるべき歯並びも、偏った力が加わって前方や側方に移動してしまいます。

同時に、変形した歯と歯の間に隙間ができ、そこにさらに力が加わると隙間が広がっていき、歯がぐらぐら揺れるようになります。

前歯が腫れる、ぐらぐらする。前歯を治療したのに何度も壊れてしまう……そういう方は奥歯のトラブルが原因になっていることが多くあります。

奥歯に入れ歯を入れている人や奥歯の高さが低い人、歯周病などで奥歯でしっかり噛めない人は、前歯にまで影響が及んでいると考えられます。

できるだけ早く歯科医に相談し、しっかりと奥歯で噛めるようにすることが大事ですね。

シェアをお願いします。