1. ホーム
  2. お口の健康
  3. ≫口呼吸や頬杖などは口内に悪影響を与える可能性も

口呼吸や頬杖などは口内に悪影響を与える可能性も

私たちは虫歯や歯周病は歯磨きの甘さが原因で発生していると思いがちです。

でも、実はそうではありません。ちょっとした頬杖や癖になっている口呼吸も口内トラブルを引き起こすキッカケになっています。

ゾっとする話ですよね。

このページではそうした何気ない習慣が口に与える影響について説明します。

頬杖をついていると歯並びが悪くなる

遺伝でも骨格異常でもなく受け口になってしまう人がいます。これは生活習慣によって歯の発達の角度がずれてしまうことが原因です。

受け口に限らず、歯並びを決めるのは基本的には生活習慣です。習慣が骨格を作ると言ってよく、姿勢の悪さや指しゃぶりなどの悪癖は歯並びの悪さと浅からぬ関係があります。

いつも口を開けている子、指しゃぶりや爪かみする子、猫背の子は、程度はあれど開咬(オープンバイト)または出っ歯になる可能性が高いのです。

開咬(オープンバイト)とは

開咬とは、奥歯はきちんと噛み合っているのに前歯が噛み合わず、常に前歯が少しあいた状態になることを言います。歯は本来まっすぐ生えてきますが、指しゃぶりゃ爪かみの習慣は、そうした歯の発達角度を変えてしまいます。実際に指しゃぶりをしてみるとわかると思いますが、上の歯は外側に向かって力がかかってしまうはずです。

猫背による歯への影響

猫背は下あごを後ろにひっぱる姿勢なので、相対的に上あごが前に出て出っ歯になりがちなのです。

うつぶせ・横向きの歯への影響

うつぶせや横向きでばかり寝るくせがあったり、頬杖をよくついている子は、交叉咬合(クロスバイト)という不正咬合になりやすいです。

歯は本来、上の歯が下の歯を覆うように生えているはずですが、下の歯が上の歯より前方または外側で噛み合っている状態を交叉咬合といいます。交叉咬合で歯列が左右どちらかにズレている場合は、正中線も同じ方向にずれ、顔面の非対称の原因ともなります。

先に述べたように、子どもの歯やあごは柔らかいので、育てられた生活習慣通りに骨格が育ってしまいます。子どもの噛み合わせを考えれば、親は先に述べたような悪癖がつかないよう気をつけてあげたいものです。

では大人になったら歯並びや噛み合わせについては取り返しがっかないのかといえばそうではありません。虫歯や歯周病のない歯なら、大人になってからでも、何歳からでも歯列矯正はできます。

顎関節症は姿勢の悪さが原因

急に口が4センチ以上開けられなくなったら顎関節症です。あごが開かなくて、鮨一貫、ハンバーガー一個が食べられなくなってしまったら、完全に顎関節症です

顎関節症は、口を開けようとしたり閉じようとすると耳の前あたりが痛む、口が大きく わ開かない、あごを動かすと音がするなどの症状があります

20代の若い女性に多い病気ですが、年齢性別に関係なく発症します。専門家は「顎関節症とは、あごの関節を動かす筋肉の不調和からくる病気」といいます

顎関節症になるのは多くの場合、姿勢や生活スタイルに原因があります

足を組みながら不自然な位置にあるパソコンに長時間向かっていた、残業つづきで会社のソファで1週間寝泊まりしていた、寝ころんだ姿勢やこたつに入ったままテレビを見ているなど、ゆがんだ姿勢で長時間過ごすことが、あごやあご周囲の筋肉、筋膜に異常な負担をかけ、その結果、顎関節が痛くなったり、口が開かなくなるのです

姿勢が悪いと歯が痛くなる

虫歯と言えば、イメージされるのは歯がズキンズキン痛む、キーンとしみるなどの現象でしょう

しかし初期虫歯にはそうした強い痛みはありません

我慢できないような痛みは、治療せず放置しておいたために歯に穴が開いて、歯の神経(歯髄)にまで細菌が入り込み、「歯髄炎」という感染症を起こしてしまうことで起こります

また、歯肉炎、歯周炎なども急性炎症で激痛になることもあります

しかしそうした診断可能な原因は何もないのに、歯やあごに鈍い痛みがある、すっきりしない違和感があると訴える患者さんが増えています

歯科医も首をかしげるそんな症状は女性に多いのですが、実はこういう人にはある種の特徴があります

見た目は、筋力が少なくて体力のなさそうな体型。肩こりですかと聞くと、「そりゃもぅ」と100%に近い割合で肯定します

姿勢が悪く、日常的に歩かない生活を自認している人にとても多い症状なのです

運動不足と姿勢の悪さが歯に悪影響を与える

原因不明の歯の痛みが起きる要因は、「姿勢が悪い」「歩かない」という生活習慣にあります

それらは一見、歯の健康とは無関係に思えますが、あごは首や一肩の筋肉と直接つながっているので、頼杖をつく、寝転んでテレビを見る、固まった姿勢のままで長時間パソコン作業をするなども、てきめんに影響します

たとえば、足を組んだ姿勢で食事をするのもその一つ。腰から首にかけての筋肉バランスがゆがむので、身体はそれを微調整しようとします

その無理な姿勢で食物を噛み砕くわけですから、あごの筋肉や特定の歯の歯根膜に過度な負担がかかることになります

原因不明のそうした症状が女性に多いのは、男性のほうが筋肉が強いので不調として出にくいためです

しかし、悪い生活習慣が多く当てはまる場合、男性も気をつけなくてはいけません

虫歯でもないのに痛むときは、血行不良とともに、姿勢のゆがみを疑ってみてください。ゆがみを修正してあげると、痛みはふっと楽になります

どの姿勢が負担になっているのかを知るにはこんな方法があります

歯を軽く噛みしめながら、立った姿勢や椅子に座った姿勢から、上半身のバランスを右や左、前や後ろへさまざまな角度に傾けてみます。すると、痛みが消える角度があるはずです

姿勢から来る痛みは、歯根膜のある一点に圧力がかかっているために起きているので、おそらく痛みが消えたその姿勢と正反対の姿勢を、仕事中などに取り続けているせいなのです

私の場合で言えば、座って身体を前方やや右斜めにねじり、右のおしりと右足に重心をおいた状態が楽に感じます。

なので私は意識して、反対の姿勢で座る時間を作って補正するようにしています、例えばカウンター席のお店や新幹線などに二人で座るときは、必ず左側に座らせてもらうようにお願いしています

口呼吸していると虫歯になりやすい

口を半開きにして無意識に口で呼吸している人を見かけます。

口で呼吸していると口の中が乾きやすくなって、ミュータンス菌を始め口内のさまざまな細菌が繁殖しやすくなり、虫歯のリスクを高めてしまいます。逆に、しっかり口を閉じて歯を唾液の海に浸しておけば、唾液の緩衝能や抗菌作用で歯の健康だって守られるのです

鼻呼吸はメリットがいっぱい

口から呼吸すると、空気中の雑菌やはこりなどがすべてダイレクトに取り込まれ、体の免疫機能を刺激します

しかし鼻から呼吸すると、そうした異物が鼻腔を通過するうちに濾過され、加湿加温されたきれいな空気だけが体内に入ります

つまり鼻呼吸に変えれば、虫歯になるリスクが減るだけでなく、風邪やアレルギー疾患など他の病気のウィルスにも感染しにくくなります

歯医者を訪ねる患者は口呼吸が多い

歯医者では口呼吸をしている患者さんは、めずらしくないそうです。口がいつもポカンとあいて明らかに口呼吸をしている子どもの場合、赤い染め出し液で口の中の汚れのチェックすると、多くの場合うっすらと開いた口元の形通り、 つまり常に空気に晒されている上下の歯先端部分だけが楕円型に赤く染まって、付き添いのお母さんをびっくりさせます

しかも、いつも口を開けているためにプラーク(歯垢)中の水分が蒸発してしまい、こびりっいたような汚れになっているのです

大人はきちんと歯磨きをしている人が多いので、ここまで極端なケースはあまりありません

口呼吸は歯並びも悪くする

口呼吸をしている子どもはたいてい唇の周りの筋肉である口輪筋が弱いので、口輪筋を鍛え、きちんと口が閉じられるように指導することが大切です

言葉を話し始めるあたりから、赤ちゃんは鼻呼吸だけでなく口呼吸ができるようになります

鼻が詰まっていることも口呼吸の原因ですが、反対に口を開けているから口呼吸になってしまう場合もあるのです

極端に姿勢が悪い子も気道が塞がれ苦しくて、口呼吸になってしまいます

首をまっすぐにしただけで、鼻呼吸ができるケースもありますからその子に合った指導が必要です

口呼吸が習慣化してしまうと、常に口が開いているので、唇で歯を押し返す力が働かず、舌が押し出す力が過剰となり、歯並びが出っ歯または開咬(オープンバイト)になる可能性が高くなります

そうなると今度はきちんと口を閉じようとしても閉じられず、口呼吸がくせになってしまいます

歯列がきれいな馬蹄型に育つには、唇が閉じられ、舌の位置はアルファベットの「L」を発音するときの位置に納まっていることが必要です

幼少期の口呼吸はなるべく早く矯正する

成長期の習慣は骨格に大きく影響するので、もし子どもが口呼吸をしていたら早めに治さなくてはいけません

幼少期の歯列は、粘土細工のように自在に成形できます

姿勢を正して噛みごたえのあるガムを毎日10分噛む「ガムトレーエング」や、ひもを通したボタンを唇でくわえて引っ張り、口輪筋を鍛える「ボタントレーニング」などで矯正すれば、矯正治療などしなくても歯列は整います

大人は骨格が完成しているので、残念ながらそうしたトレーエングだけでは歯列矯正の効果はありません

しかし意識して口を閉じることによって、ドライマウスの予防にはなります

口を閉じるときは噛みじめるのではなく、舌を「L」発音の位置に置き、唇を軽く閉じてlミリくらいの安静空隙を取ってリラックスします

口の中をその状態にするには、仙骨(尾骨の上部にある背骨の付け根、骨盤の真ん中部分)からまっすぐ頸椎を立てて姿勢を正すことが必要で、そのためには体幹の筋肉がしっかり鍛えられていなければできません

シェアをお願いします。